肌タイプを診断する方法

肌タイプは、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4タイプに分けることができ、人それぞれ違い、人によっては、体調の変化や季節によって変化することもあります。

 

肌タイプを診断する方法

肌タイプの診断は自分で簡単にすることができます。

普通に洗顔をし、水気を軽く拭き取った後、化粧水などを付けずに10分ほど放置して、肌の変化を観る。

これだけで自分の肌タイプを診断できます。

洗顔後、10分ほど放置し、

・特につっぱたり、ベタベタした感じはない。 → 普通肌

・顔全体がカサカサし、つっぱる感じがある。 → 乾燥肌

・顔全体がベタベタした感じがある。 → 脂性肌

・頬はカサカサしているが、おでこや鼻はベタベタしている。 → 混合肌

この方法でおおまかな自分の肌タイプを診断することができます。

自分で診断する以外では、化粧品売り場のカウンターで店員さんや、肌質チェッカーで診断したり、ネット上でも無料で肌質チェックができるサイトもあります。

オルビス スキンケアチェック

 

普通肌のスキンケア方法

普通肌は肌の水分と油分のバランスが整っている理想的な肌質です。

おそらく、ニキビなどの肌荒れも起こしにくいと思われますが、過信はせず化粧水などによる保湿は行い、体調や季節による肌質の変化を予防しましょう。

 

乾燥肌のスキンケア方法

乾燥肌は肌の水分と油分が足りていない状態で、肌のバリア機能も低下し外部からの刺激に弱い肌質です。

乾燥肌は敏感肌やニキビなど肌トラブルになりやすいです。

洗顔後は、必ず保湿力の高い化粧水や乳液を使って肌を保湿してあげましょう。

また、洗顔のし過ぎが乾燥肌を助長していることもあるので、1日の洗顔は朝晩の2回までにし、朝はぬるま湯でサッと洗い流す程度にすると、乾燥を抑えることができます。

 

脂性肌のスキンケア方法

脂性肌は肌の水分が少なく、油分が多いという状態で、毛穴の詰まりを起こしやすい肌質です。

脂性肌は乾燥肌の延長上にあると言える肌質で、肌の乾燥によりバリア機能が低下している状態をどうにか改善しようと皮脂を必要以上に分泌している状態です。

肌のバリア機能が低下して皮脂を出すか出さないかには個人差があり、それが乾燥肌になるか脂性肌になるかの差になりますが、根本的な原因は肌が乾燥していると言えます。

脂性肌の人の中には、これ以上ベタ付くのが嫌で、保湿はしないという人もいるかもしれませんが、保湿をしないことが脂性肌を更に悪化させてしまう原因になります。

なので、脂性肌の場合も乾燥肌と同じく、保湿力の高い化粧水による肌の保湿は欠かさないようにしましょう。

最初の内は、皮脂によるベタ付きと化粧水が混ざって不快感があるかもしれませんが、1ヶ月ほど保湿ケアを続けていると、肌の水分と油分のバランスが整ってきて、皮脂の分泌量も減っていき不快感も徐々になくなっていきます。

 

混合肌のスキンケア方法

混合肌はある所は乾燥肌、またある所は脂性肌と場所によって肌質が違う状態です。

場所によって状態が違うのでスキンケアが難しそうに見えますが、乾燥肌も脂性肌も大本は肌の水分量が足りていないことが原因なので、あまり細かくは考えず、保湿力の高い化粧水で保湿をしてあげれば問題はないでしょう。

保湿ケアをして、肌の乾燥が気になる場所があるのなら、その場所には重ねて化粧水を付けるなどして重点的に保湿してあげましょう。

 

まとめ

肌タイプの診断をして、自分の肌質が分かれば、自分の肌に合った化粧品選びやスキンケアもやりやすくなり、自分の理想の肌を実現する近道にもなります。

また、どんな肌質でも今なんの肌トラブルがないからといって、スキンケアを怠ると、将来急に肌荒れが起きてしまうこともあるので、今の状態を過信せずしっかりケアしていきましょう。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss