思春期ニキビ 治し方

思春期ニキビは体の成長に伴う、ホルモンバランスの変化によりできやすくなります。

思春期と呼ばれる第二次性徴期は、成長ホルモンの分泌が活発になります。

特に、男性でも女性でも体を大きくするために、男性ホルモンが大量に分泌されます。

男性ホルモンは体の成長に必要なホルモンですが、体の成長以外にも体毛を増やしたり、皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があります。

男性ホルモンの増加により、顔の皮脂量が増え、増えすぎた皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因です。

思春期ニキビを予防したり治したりするには、増えすぎた皮脂を落とすことが重要です。

ただし、皮脂でテカるのがイヤだからと言って、1日に何度も洗顔するのは皮脂を落としすぎてしまい、肌の乾燥を招いて逆効果になります。

洗顔は1日に朝晩2回で、日中にテカリが気になるようなら、擦らないようにティッシュで軽く拭き取る程度で十分です。

洗顔後は化粧水などで肌を保湿するのも忘れないようにしましょう。

洗うだけニキビ予防ファースト クラッシュ

 

© 2018 ニキビ対策ナビ rss