水分補給でニキビケア

みなさんは1日にどれくらいの水分を摂っていますか。

もし1日に1リットル未満の水分量しか摂っていない場合、そのことがニキビや肌荒れの原因になっているかもしれません。

人の体の60%から70%は水分でできている言われていて、適切な量が維持されていることで血液の流れが良くなり各細胞に十分な栄養が行きわたって、代謝が維持されています。

体内の水分量が足りないと、血液がドロドロになって血流が悪くなり、体の隅々の細胞まで栄養が届かなくなります。

肌の表面の細胞は、心臓からもっとも遠い細胞なので、栄養が届かなくなることが多くなり、肌の代謝が悪くなることでニキビができやすくなってしまいます。

また、水分をしっかり摂ることで、トイレに行く回数が増えるので、体内の毒素を効果的に排出できるようになります。

1日に必要な水分を適切に摂ることによって、代謝が良くなりニキビができにくい肌にすることができます。

 

1日の水分補給量

1日に必要な水分補給量はその人の体格や運動量によって変わってきますが、だいたい1リットルから2リットルが目安になり、水分補給量 = 35 × 体重(キログラム) でもとめられます。

ただ、一度に多量に飲んでも、内臓に負担がかかり吸収が悪くなるので、1日に何回かに分けて飲むのが効率的です。

冷たすぎる水も内蔵を冷やしてしまい、吸収と代謝が悪くなるので、常温の水を飲むようにしましょう。

私は500ミリリットルのペットボトルを常に手の届くところに置いて、頻繁に一口ずつ飲み、だいたい1.5リットルを飲むようにしています。

 

水分補給に適した水の種類

毎日飲む水は、水道水でも良いですが、できたら浄水器を通すようにしましょう。

水道水には塩素が含まれているので、毎日飲むことで体に不調が出てしまう可能性があります。 浄水器を通した水以外には、何も入っていない無糖の炭酸水でも良いです。

炭酸水を飲むと、血管が広がり血流が良くなるので、肌のターンオーバーなどの代謝を促進してくれるのでニキビケアには最適です。

水分補給にお茶やコーヒーを飲む人もいると思いますが、お茶やコーヒーにはカフェインが入っているので、飲み過ぎはあまり良くありません。 水をメインとして、たまにお茶やコーヒーを飲むようにしましょう。

 

まとめ

適切な水分補給はニキビを治すというよりも、体内環境を正常に戻す役割を果たします。

体内環境が正常になることで、代謝が良くなり、結果としてニキビができにくい肌質へと変化していきます。

普段の洗顔や保湿などのスキンケアと組み合わせることで、体の内側と外側の両方からニキビケアをすることができます。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss