生理前にできるニキビの原因と予防

普段は全くニキビができないのに、生理前にだけニキビができるという人も多いと思います。

生理とニキビの関係について解説していきます。

 

生理前にニキビができる原因

生理前にニキビができるのにはホルモンバランスが大きく影響しています。

生理は卵胞(らんほう)ホルモンのエストロゲンと、黄体(おうたい)ホルモンのプロゲステロンが分泌されることで起こるのですが、黄体ホルモンの分泌量が増えることで、むくみや頭痛などの体の不調が起こりやすくなります。

黄体ホルモンには皮脂の分泌量を増やしてしまう作用もあるのですが、それが、普段から女性でも微量に分泌されている男性ホルモンの皮脂分泌作用との相乗効果により、一時的に皮脂量が大幅に増えてしまい、それが毛穴に詰まり、ニキビができやすくなってしまいます。

黄体ホルモンは生理の二週間前くらいから徐々に増え始め、生理が始まる頃まで増え続けますが、生理が始まってからは黄体ホルモンの代わりに、卵胞ホルモンの分泌が活発になります。

卵胞ホルモンには自律神経のバランスを整えたり、皮脂の分泌量を抑え、肌の調子をを整える効果があるので、生理が終わってからはニキビなどの肌トラブルが起きにくい状態になっていきます。

そしてまた、生理の二週間くらい前になると黄体ホルモンの分泌量が増えていき、皮脂の分泌量が増え、ニキビができやすくなる、ということを繰り返すのが生理前にニキビができる構造になります。

 

生理前ニキビを予防するには

生理前にできるニキビの原因は、黄体ホルモンが活発化することによって、卵胞ホルモンよりも優位な状態になっているためです。

なので、生理前にできるニキビを予防するには、黄体ホルモンの分泌量を抑えたり、卵胞ホルモンの働きを助けることが必要になります。

黄体ホルモンの分泌量を抑えるのには、低用量ピルの服用がおすすめで、婦人科などの病院に相談することで処方してもらえると思います。

卵胞ホルモンの働きを助けるには、ホルモンに良い影響を与える食べ物を意識して食べるのが効果的です。

豆腐や豆乳、きなこ等の大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンには卵胞ホルモンであるエストロゲンに似たような働きをし、マグロやカツオ等の魚に多く含まれているビタミンB6はエストロゲンの代謝を活発にしてくれます。

ですが、黄体ホルモンを抑えすぎてしまったり、卵胞ホルモンを活発化しすぎてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、生理不順や女性特有の病気などを発症してしまう可能性があるので、あくまでもバランスよく整えていくのが大切です。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss