ニキビ肌にスクラブ洗顔は危険

ドラッグストアなどで売られている洗顔料の中に、スクラブ洗顔料がありますが、ニキビができている人がこのスクラブ洗顔料を使うと症状が悪化する可能性が高いです。

 

スクラブ洗顔がニキビを悪化させる原因

スクラブ洗顔料には、天然の泥や海藻などから作った極小の粒々が入っていて、その粒々が毛穴の奥まで入り込んだ汚れや、肌の表面に残った古い角質を掻き出してくれます。

スクラブの入っていない普通の洗顔料よりも汚れを落とす洗浄力が高いので、ニキビの症状を改善したり予防してくれそうですが、実は逆効果になる可能性の方が高くなります。

スクラブ洗顔は極小の粒々が肌を擦ることで汚れを落とすのですが、当然その摩擦が刺激となり肌にダメージを与えてしまいます。

しっかり泡立てて擦らないように優しく洗えば多少は肌への刺激を抑えることは出来ると思いますが、それでも普通の洗顔料に比べたら刺激は格段に大きいです。

また、肌に対する洗浄力が高すぎるので、汚れだけでなく、肌に最低限必要な皮脂や角質も一緒におとしてしまい、肌のバリア機能の低下や、乾燥肌を招いてしまいます。

ニキビができる最大の原因は、肌のバリア機能の低下と肌の乾燥なので、スクラブ洗顔はその両方の原因をいっぺんに作ってしまうことになります。

 

唯一使っても良いスクラブ洗顔

私自身、市販されているスクラブ洗顔をいくつか使ったことがありますが、スクラブの粒々が肌への刺激になってニキビが悪化したことが何度もあります。

そんな中でも、唯一刺激を感じずニキビを悪化させずに使えたのが、「ルナメアAC」の洗顔料です。

市販されているスクラブ洗顔は、極小の粒々が汚れをガリガリ削りながら掻き出すイメージですが、ルナメアACのスクラブ洗顔はやわらかい糸状の植物繊維が汚れを絡め取ってくれるイメージです。

肌への刺激は最小限に抑えつつも、汚れはしっかり絡めて落としてくれるので、ニキビ肌でも唯一使っても良いスクラブ洗顔だと思っています。

ルナメアAC1週間お手入れキット登場!まずはお試し

 

まとめ

スクラブ洗顔は、言ってみれば肌を目の細かい紙やすりで擦っているのと同じようなことで、そんなもので洗顔をしていれば肌がボロボロになってしまい危険です。

顔の皮膚が厚く、肌が健康な人なら使っても大丈夫かもしれませんが、皮膚が薄く、ニキビができやすい人には全く合わない洗顔料です。

スクラブ洗顔の高い洗浄力は魅力的ですが、落としすぎはかえってニキビができやすくなってしまうので、できたら使うのは避けた方が良いと思います。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss