胸元ニキビの原因と治し方

暑くなってきて汗をかく時期になると、胸元や鎖骨付近にぶつぶつできる厄介なニキビに悩まされている人も多いと思います。

特に女性は胸元が広くあいた服を着たり、水着を着たりするので、胸元にニキビができていると余計に目立ってしまいます。

 

胸元ニキビができる原因

胸元は顔と同じか、それ以上に汗をかいたり皮脂の分泌量が多いので毛穴が詰まりやすい場所です。

また、顔と違って下着や服を着ていることによって通気性が悪い上、服が擦れることによる刺激を受けて症状が悪化しやすくなります。

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維でできた衣服は、肌触りが良いのでよく着用している人も多いと思いますが、通気性が悪く蒸れやすいので胸元にニキビができやすい人には適していません。

更に、汗や皮脂による汚れが残りやすい割に、顔ほどスキンケアが行き届いていないということも起こりやすく、そこにアクネ菌やマラセチア菌が増えてニキビができてしまいます。

 

胸元ニキビの治し方

通気性の良い衣服を着用

胸元ニキビは衣服による蒸れや擦れが原因となっていることが多いので、着用する服や下着は通気性が良く、できるだけ擦れが生じないものを選ぶようにすると良いと思います。

素材としては化学繊維の物でなく、天然の絹や綿で作られている物が適しています。

汗をかいたなと思ったら拭き取ったり、シャワーで汗を流して、すぐに着替えて常に清潔な衣服を着用するのを心掛けましょう。

 

顔と同じくらいのスキンケア

胸元は顔以上に汚れが残りやすく、毛穴が詰まりやすいので十分に洗うことが大切です。

ですが、洗うと言ってもボディソープを使ってタオルでゴシゴシ洗ってしまうと摩擦による刺激で症状が悪化してしまう原因になるので、擦り過ぎないようにやさしく洗うようにしてください。

体を洗う時はできればポンプ式のボディソープでなく、ボディ用の「石鹸」を使うのがおすすめです。 ボディソープには界面活性剤などの添加物や、肌がうるおったと思わせるための油分が多く入っていて、その油分で毛穴が詰まりやすくなることもあります。

石鹸なら界面活性剤や油分が添加されていることが少ないので、肌への刺激や毛穴の詰まりをそれほど気にせずに洗うことができます。

体を洗ったら石鹸の泡が残らないように十分に洗い流し、顔と同じように化粧水や保湿クリームを付けてしっかりと保湿してあげましょう。

保湿をすることで肌のバリア機能が改善され、肌のターンオーバー(代謝)も促されます。

後は、他のニキビと同じく食生活の改善や質の良い睡眠をとるように生活習慣を変えていくことで、ニキビができにくい肌質になっていきます。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss