マスクがニキビを悪化させる原因

仕事柄や花粉症、はたまたファッションのためにマスクが手放せないという人もいるかもしれませんが、長時間マスクをしていることがニキビを悪化させる原因になってしまうことがあります。

マスクをすることでニキビが悪化してしまう原因や、マスクをしてもニキビを出来るだけ悪化させない付け方のポイントを説明していきます。

 

マスクでニキビが悪化してしまう原因

マスクをすることでニキビが悪化してしまう一番の原因は摩擦です。

どんなマスクでも肌と接触してしまう部分が必ずあります。

ちょっと動いたり呼吸をしたりすることで、マスクが微妙に動き、肌と接触している部分に摩擦が生じて肌に刺激を与えてしまいます。

これにより、マスクと触れている場所にニキビができていなくても、新たにニキビができてしまう可能性が高くなりますし、ニキビができている場所と接触すれば、摩擦による刺激と雑菌の侵入によりニキビが悪化します。

二つ目の原因としては、マスクをしているとマスク内の湿度が高くなり蒸れが発生します。

湿度が高いと、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなり、ニキビができやすい肌質になってしまいます。

夜、寝るときに喉の乾燥を防ぐために、マスクをしているという人も多くいると思いますが、ニキビが悪化するのを防ぐという観点では、マスクをするのは避けた方が良いでしょう。

 

ニキビを出来るだけ悪化させないマスクの付け方

ニキビが悪化してしまうと言っても、仕事柄や風邪、花粉症対策としてマスクが欠かせないということもあります。

そういった時のマスクの付け方を紹介します。

 

・マスクはこまめに交換する。

マスクは清潔なように見えて、実は雑菌が繁殖しやすく衛生状態はあまり良くありません。

なので、目安としては1日1枚とし、毎日交換するようにし、使いまわすのは絶対にやめましょう。

 

・毎日は使わない。

毎日使えば、それだけ肌が摩擦をうける時間が増え、ニキビを悪化させてしまうので、本当にマスクをしなければいけない時だけするようにしましょう。

 

・少し大きめのマスクを使う。

顔のサイズにピッタリ合ったサイズのマスクを使うと、それだけ肌を接触しやすくなるので、多少大き目のゆったりしたサイズのマスクを使って、肌とマスクができるだけ接触しないようにしましょう。

 

・マスクを付ける前に保湿ケア

マスクをしていると自然とマスク内の湿度が高くなり、それが肌の保湿になると思い、化粧水や乳液を付けないという人もいるかもしれませんが、マスクを付けるからこそ保湿ケアは入念にしましょう。

保湿ケアを事前にしておくことにより、肌のバリア機能がアップするので、肌とマスクとの摩擦によるダメージを多少は防ぐことができます。

 

まとめ

ニキビを改善するには肌の保湿が欠かせませんが、マスクを使っての保湿は摩擦による肌へのダメージという影響も含めると、ニキビには逆効果になる要素の方が多くなります。

どうしてもマスクをしなければいけないという状況の時だけ、使用するのをおすすめします。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss