皮膚科に通っているのにニキビが治らない理由

皮膚科に通って薬も処方してもらっているのにニキビが一向に治らないという人もいると思いますが、ニキビは処方された薬をただ使っているだけでは治りません。

ここでは、皮膚科に通っているのにニキビが治らない理由について考えていきたいと思います。

 

処方された薬の副作用

皮膚科で処方される薬は主に「ディフェリンゲル」や「ダラシン」と言った塗り薬が処方されますが、この2つは比較的強い薬です。

効用としては、 ・アクネ菌の殺菌 ・古い角質を剥がす ・ターンオーバーの促進 ・皮脂の分泌を抑える というのが挙げれます。

どれもニキビに対して非常に効果がある効用ですが、本来健康な肌が自然と行っていたものを、半強制的に行うので、その分副作用が出る可能性が高いです。

主な副作用としては、 ・かゆみ ・赤み ・乾燥 が挙げられます。

このような副作用はある程度薬を使い続けて、薬の効果が出てきて肌質が改善されてくると自然と治まっていくのがほとんどです。

ですが、薬の効果が出てくるまでには肌の状態によって数週間、人によっては数か月かかる場合もあります。

副作用による不快感により、薬の効果が出てくるまで使い続けることができずに途中で治療をやめてしまうという人が多く、ニキビが治らないという結果になってしまいます。

あまりにも副作用が酷い場合は、医者に相談して少し弱めの薬に変更してもらうなどして、治療を続けることが大切です。

 

ニキビの根本原因を解決していない

処方された薬を使い続けてニキビが治ったとしても、それで終わりではありません。

薬を使って治ったのは「今」できていたニキビだけで、今後できるニキビにはほとんど効果はありません。 ニキビができるのには、洗顔などのスキンケアがしっかりできていなかったり、偏った食事や睡眠不足などの生活習慣の乱れが大きく影響しています。

薬の効用によって肌質が改善されたことで、一定の期間はニキビのできにくい状態が続くかもしれませんが、洗顔方法や生活習慣の改善をしないと、すぐにニキビのできやすい肌質に戻ってしまいます。

皮膚科に通っているのにニキビが治らないと言っている人は、薬を使って「今」できているニキビだけを治すだけで、生活習慣の改善などは行わず、またニキビができてしまったという人が結構多いです。

重要なのは、薬を使って「今」できているニキビを治しつつ、生活習慣の見直しなどニキビができにくい環境を自分自身で作っていくことです。

 

まとめ

まったくの自己流でニキビケアをするよりは、皮膚科に通って薬を処方してもらった方がニキビも治りやすいです。

ですが、ニキビの薬は強力で副作用が出やすい上、効果が出るまでにそれなりの期間が必要ですが、しっかり使っていけばきれいに治すことができます。

 更に、治ったあともきれいな肌を維持するためには自分自身の生活を改善することが大切になります。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss