ニキビの原因になる食べ物

ニキビを治すためには、普段のスキンケアや睡眠などの生活習慣の改善が不可欠ですが、バランスの良い食事をするのも重要です。

ですが、何でもかんでも食べれば良いわけではなく、中にはニキビを悪化させてしまう原因になる食べ物もあります。

 

脂っぽい食べ物

ニキビができる主な原因は、毛穴に皮脂が詰まることです。

なので、皮脂の分泌量を増やす可能性のある食べ物は控えめにする必要があります。

脂身の多い肉や、油をたくさん使っている食べ物、ファーストフードは当然のように油分が多く、これらの食べ物を食べることで皮脂の分泌量が増えてしまう可能性が高くなります。

油分を全く摂らないのは問題がありますが、摂り過ぎには注意しましょう。

 

糖分の多い食べ物

糖分の多い、ケーキやジュースの食べ過ぎもニキビには逆効果です。 糖分は体内で分解されるときに、ビタミンB群が大量に消費して、エネルギーに変換されます。

ビタミンB群は肌のターンオーバーを促したり、肌に必要な栄養を運ぶのに必要な栄養素ですが、それが糖分の分解に大量に使われてしまうことで、肌の健康維持にまわる分がなくなってしまいニキビができやすくなります。

また、糖分の多い食べ物を食べると血糖値が高くなりますが、高くなった血糖値を正常にするためにインスリンが分泌されます。

インスリンには皮脂の分泌を増やす作用があり、これもニキビの原因になります。

ケーキやジュース以外にも、お酒などのアルコール類も意外と多くの糖分を含んでいるので飲み過ぎには注意が必要です。

 

辛い食べ物

辛い食べ物は適量なら新陳代謝がアップし、発汗作用によって毛穴に詰まった皮脂や汚れを汗と一緒に排出する効果が期待できますが、食べ過ぎには注意です。

辛い食べ物をたくさん食べることで、胃腸に負担がかかり、消化機能が低下することでニキビができやすくなります。

 

まとめ

ニキビの原因になる食べ物は控えめにして、ニキビに効果的な食べ物を多く食べるようにしたり、消費量が多くなりやすいビタミンB群を一緒に摂ったり、サプリメントで補給するようにすると良いと思います。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss