汚れた寝具がニキビの原因

何日も洗っていない不衛生な寝具で寝ているとそれだけでニキビができやすくなります。

同じところにばかりニキビができるという人は要注意です。

 

寝具には雑菌がいっぱい

特に枕は、寝ている間にかいた汗や皮脂などをエサにしてダニや雑菌が増殖しやすく、顔に長時間接触するので、せっかく寝る前に洗顔をしてきれいにしたのがムダになってしまいます。

枕カバーは必ず使うようにし、カバーはできれば毎日洗濯・交換するのがおすすめです。

掛布団も干すだけでなく、枕と同様に掛布団カバーを使い、少なくても週一回は洗濯するようにしましょう。

私の場合ですが、枕カバーは毎日交換、掛布団カバーは週一回洗濯するようにしただけで、ニキビはほとんどできなくなりました。

 

まとめ

丁寧に洗顔し、保湿ケアもバッチリしているのに、ニキビが治らないと言う人は、布団や枕などの寝具が汚れている可能性が高いので、こまめに洗濯してみてください。

清潔な寝具で寝ることで気分も良くなり、より深い睡眠をすることができるようになるので、肌のターンオーバーを促進させる効果も期待できます。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss