ニキビ 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と同じような働きをする作用があります。

エストロゲンには女性らしい体つきや肌の健康を守るのに重要なホルモンで、エストロゲンの分泌量が減少すると、コラーゲンやヒアルロン酸など肌に必要な成分が十分に生成されなくなります。

また、エストロゲンには男性ホルモンの分泌を抑える作用もあるので、エストロゲンが減ることで男性ホルモン優位のホルモンバランスになってしまいます。

男性ホルモンには肌の皮脂量を増やす働きがあるので、毛穴の詰まりを助長してしまいニキビができやすい肌質になります。

大豆イソフラボンを摂ることで、減ってしまったエストロゲンの働きを助けてくれるだけでなく、逆にエストロゲンの量が増えてしまった場合も、分泌量を抑えるコントロール作用もあるので、生理痛など女性特有の症状の緩和にも期待できます。

更には抗酸化作用にも優れているので、より美肌効果を期待できます。

大豆イソフラボンには吸収されやすい「グリコシド型」と、吸収されやすい「アグリコン型」があります。

「グリコシド型」は大豆や豆腐など食品として摂るタイプで、「アグリコン型」は調整豆乳やサプリとして摂るタイプです。

大豆イソフラボンをより効率よく取り入れるなら、「アグリコン型」をサプリで摂るのがお薦めです。

ただし、大豆イソフラボンはホルモンへの影響が強いので、1日当たりの摂取量が40~50mgと決められており、サプリメントで摂るときはアグリコン換算で30mgと決められています。

摂り過ぎは、ただ排出されるだけでなく、エストロゲンの働きを抑えてしまうので、サプリで摂るときは用法容量をしっかり守るようにしましょう。

カテゴリー ニキビ 原因 カテゴリー ニキビ 治し方 カテゴリー ニキビ跡 カテゴリー ニキビ 化粧水 カテゴリー ニキビ 場所 カテゴリー ニキビ 薬 ニキビの原因 ニキビの治し方 ニキビ跡 背中ニキビ ニキビ 芯 ニキビをパントテン酸で予防 ニキビダニ 痒いニキビの原因と対策 ニキビ 洗顔 ホエイ ニキビ跡を治す方法 ニキビ 食事 ニキビ 吹き出物 ニキビ 大豆イソフラボン ニキビにはハトムギ化粧水が効果的 皮膚科に通っているのにニキビが治らない理由 ニキビと毛嚢炎の違い ディフェリンゲルに副作用はある? 30代でニキビが治らない原因 肌タイプを診断する方法 パソコンやスマホの見すぎでニキビが悪化 マスクがニキビを悪化させる原因 黒ニキビ ニキビの芯の取り方 ニキビに効果的なアロマオイル ニキビ 洗顔 お尻ニキビ ニキビ ビタミンC ニキビ 乾燥肌 ニキビ 化粧水 ニキビ 場所 ニキビ 薬 鼻ニキビ ニキビ 潰す 顎ニキビ ニキビ オロナイン 思春期ニキビ 治し方 赤ニキビ 大人ニキビ 治し方 ニキビ ピーリング 白ニキビ おでこニキビ ニキビ 皮膚科 美肌菌を増やしてニキビ対策 硫黄のニキビに対する効果 気にしないことがニキビを治す一番の近道 ニキビとチョコレートの関係 こんにゃくスポンジでニキビや毛穴詰まりを解消 頬にできたニキビの治し方 顔の血行不良がニキビの原因 こめかみにニキビができる原因 ニキビ跡の赤みを目薬で消す方法 ニキビができやすいインナードライを改善する方法 ドクダミのニキビに対する効果 ニキビと面疔(めんちょう)の違い ニキビを治すには質の高い睡眠が大切 ニキビの原因になる食べ物 顎ニキビが治らない原因 汚れた寝具がニキビの原因 水分補給でニキビケア 唾液を増やしてニキビケア 耳・耳たぶにできるニキビの原因 歯磨き粉を使ったニキビケア ニキビ肌にスクラブ洗顔は危険 胸元ニキビの原因と治し方 肌断食でニキビは治る?スキンケアをしないという選択 生理前にできるニキビの原因と予防 顔のうぶ毛剃りでニキビ予防


にきび・吹き出物ランキング

© 2019 ニキビ対策ナビ rss