ニキビ 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と同じような働きをする作用があります。

エストロゲンには女性らしい体つきや肌の健康を守るのに重要なホルモンで、エストロゲンの分泌量が減少すると、コラーゲンやヒアルロン酸など肌に必要な成分が十分に生成されなくなります。

また、エストロゲンには男性ホルモンの分泌を抑える作用もあるので、エストロゲンが減ることで男性ホルモン優位のホルモンバランスになってしまいます。

男性ホルモンには肌の皮脂量を増やす働きがあるので、毛穴の詰まりを助長してしまいニキビができやすい肌質になります。

大豆イソフラボンを摂ることで、減ってしまったエストロゲンの働きを助けてくれるだけでなく、逆にエストロゲンの量が増えてしまった場合も、分泌量を抑えるコントロール作用もあるので、生理痛など女性特有の症状の緩和にも期待できます。

更には抗酸化作用にも優れているので、より美肌効果を期待できます。

大豆イソフラボンには吸収されやすい「グリコシド型」と、吸収されやすい「アグリコン型」があります。

「グリコシド型」は大豆や豆腐など食品として摂るタイプで、「アグリコン型」は調整豆乳やサプリとして摂るタイプです。

大豆イソフラボンをより効率よく取り入れるなら、「アグリコン型」をサプリで摂るのがお薦めです。

ただし、大豆イソフラボンはホルモンへの影響が強いので、1日当たりの摂取量が40~50mgと決められており、サプリメントで摂るときはアグリコン換算で30mgと決められています。

摂り過ぎは、ただ排出されるだけでなく、エストロゲンの働きを抑えてしまうので、サプリで摂るときは用法容量をしっかり守るようにしましょう。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss