ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡は一度できてしまうと治すのが難しいですが、多少時間はかかりますが改善していくことは可能です。

ニキビ跡には赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプの3種類に大きく分類できますが、これらのニキビ跡を治すのに共通するのが、肌の「ターンオーバー」です。

 

ターンオーバーとは

ターンオーバーは肌の生まれ変わりを意味していて、毎日少しずつ行われています。

肌の細胞はミルフィーユのように重なっていて、ターンオーバーが正常に行われるごとに、古い細胞が上から1枚1枚剥がれて、新しい細胞が肌の表面に出てきます。

このターンオーバーを何度も繰り返すことで、傷ついた細胞を外に排出してニキビ跡を改善することができます。

ターンオーバーは基本的には28日周期で行われると言われていますが、ストレスや睡眠不足、食生活の偏りなどの影響を受けると、どんどん周期が延びてしまい、なかなか肌の細胞が生まれ変わらないという状態になってしまいます。

 

ニキビ跡を治すためには

肌のターンオーバーは夜寝ている間、成長ホルモンが最も分泌される夜の10時から2時の間にもっとも活発になるので、この時間帯には眠りについている状態にしましょう。

肌のターンオーバーはニキビ跡を治す、唯一の方法と言っても過言ではないので、規則正しい生活を心がけてターンオーバーを促進させることが大切になります。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss