ニキビに効果的なアロマオイル

良い香りでストレス解消や癒し効果のあるアロマオイルですが、用途は香りを嗅ぐだけではありません。

アロマオイルには香り以外にも高い鎮痛作用や殺菌作用があり、ニキビなどの症状に直接塗布する使い方もできます。

アロマオイルは主に植物から抽出されたオイルで、濃縮されていて皮膚には刺激が強すぎるので、基本的には肌に付けてはいけません。

ですが、ラベンダー・ティートリー・フランキンセンスの3種類は比較的刺激が弱いので、直接肌に塗布して殺菌消炎剤として使うことができます。

 

ラベンダー・ティートリーの効果

ラベンダーとティートリーは共に強い殺菌作用があり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を効果的に殺菌してくれます。

ラベンダーには鎮静効果があり、気分をリラックスさせてくれるので、質の良い深い睡眠をすることができるようになり、肌のターンオーバーの促進につながります。

ティートリーには免疫力を高める効果もあり、ティートリーの香りを嗅いだり、直接塗布することで、免疫力を高めるとアクネ菌が増殖しにくくなりニキビもできにくくなります。

 

フランキンセンスの効果

フランキンセンスは漢方生薬としても使われていて、ドロドロになった血液をサラサラにしてくれる効果があります。

血液がサラサラになることで血流が改善され、今まで届いていなかった末端までしっかり血液が流れ栄養が行きわたることで自然治癒力がアップしニキビが治りやすくなる効果が期待できます。

最近では肌のシミやシワにも効果があると言われています。

 

アロマオイルの使い方

アロマオイルの使い方ですが、できてしまったニキビには綿棒にアロマオイルを1滴たらして垂らしたり、洗顔料に1滴たらして洗顔するのが効果的です。

また、お風呂に2、3適垂らせば、湯気の香りが楽しめますし、皮膚からもオイルの成分が浸透します。

 

アロマオイルを使う時の注意点

香りを楽しむだけでなく、ニキビにも効果的なアロマオイルですが、注意点があります。

それは100円ショップなどで売られている、安いアロマオイルを使わないことです。

質の良いアロマオイルは本物の植物から抽出し濃縮されたものですが、100円ショップなどで売られているアロマオイルは石油などに化学物質を混ぜ合わせて香りを作っているものがほとんどです。

ラベンダーのアロマオイルをニキビに付けたら症状が悪化したという報告もありますが、おそらく100円ショップなどで売られているアロマオイルを使ってしまったためだと思われます。

安いアロマオイルには注意書きとして「肌に直接塗布しないでください」と書かれているので、使う前には必ず確認しておきましょう。

アロマオイルを買う時は、アロマオイルを専門に扱っているお店で買うのがお薦めです。

すこし値段は高いですが、しっかりと植物から抽出した精油になっていると思いますし、専門店だと店員さんもアロマテラピーの資格を持っている人がほとんどなので、使い方や、より症状に合ったアロマオイルを紹介してもらえると思います。

 

まとめ

アロマオイルは天然自然の物なので、一般的な薬よりも安全に使うことができます。

今までニキビの薬を使っても良くならなかったのに、アロマオイルを取り入れたらニキビが治ったという人も多くいるようです。

ニキビの薬を使う前に、アロマオイルの自然の力でニキビケアをしてみるのも良いと思います。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss