30代でニキビが治らない原因

大人ニキビはストレスや睡眠不足により、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質や皮脂が毛穴に詰まることでできやすくなります。

更に女性の場合、30代を越えた頃から上記に加え、ホルモンバランスが崩れやすくなることによりニキビ悪化し治らないという人も多かったり、20代の頃は全然ニキビはできていなかったのに30代を越えてから急にニキビができ始めたという人も多いです。

 

30代を越えてからニキビができる原因

女性は30代を越えたあたりから、20代の頃と比べて女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンの分泌量が増える傾向があります。

女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になり、顔のムダ毛や皮脂の分泌量が増えてしまいます。

増えた顔のムダ毛を処理したときに肌をキズ付けてしまったり、皮脂が増えたことで更に毛穴を塞いでしまったりしてニキビを悪化させてしまいます。

 

30代を越えてからのニキビケア

女性ホルモンの働きを助ける成分が入っている食べ物を積極的に食べるようにするのが効果的です。

女性ホルモンの働きを助ける食べ物には、大豆、大豆製品、マグロ、カツオ、ナッツ類などがあります。

特に大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種のエストロゲンに似た働きをするので女性ホルモンを疑似的に増やすことができます。

食べ物以外では、女性ホルモンに着目したスキンケア用品を使っていくのも効果的です。

92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!

「ラ・ミューテ美肌セット」は、洗顔料、化粧水、美容液がセットになったスキンケア用品で、ダマスクローズエキスが全てに配合されていて、香りで女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

また、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、セラミド、スクワランといった保湿成分も入っているので、肌の保湿効果も抜群です。

180日間返金保証付きなので、初めてでも安心です。

30代を越えてからは、肌を保湿するスキンケアだけでは足りない場合があり、減ってしまう女性ホルモンを助けるケアも大切になってきます。

© 2018 ニキビ対策ナビ rss